最新情報/ NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

  • 2020年08月05日 「夏季休暇」のお知らせについて

    平素は弊社をご愛顧いただきましてありがとうございます。
    8月13日~16日について、夏季休業とさせていただきます。

  • 2020年05月15日 「Net Zero Energy Building(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」について

    ZEBとは、「先進的な建築設計によるエネルギー負荷の抑制やパッシブ技術の採用による自然エネルギーの積極的な活用、高効率な設備システムの導入等により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギー化を実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、エネルギー自立度を極力高め、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した建築物」を目的とします。
    特にZEBの設計段階では、断熱、日射遮蔽、自然換気、昼光利用といった建築計画的な手法を最大限に活用しつつ、寿命が長く改修が困難な建築外皮の省エネルギー性能を高めた上で、建築設備での高度化を重ね合わせるといった、ヒエラルキーアプローチの設計概念が重要であります。
    以上、2015年12月に公表された「ZEBロードマップ検討委員会 とりまとめ」(経済産業省 資源エネルギー庁)により、ZEBについての定義になります。

    当社は、建築主等の依頼に基づき、設計(建築設計、設備設計等)、設計施工、コンサルティング等(省エネプランニングに係る、省エネ事業に係る知見を有するファイナンス等)などZEBプランニングに係る業務を受注できるように手続きを行います。

  • 2020年04月27日 「クールビズ」の実施について

    弊社では昨年に引き続き、地球温暖化防止及び省エネルギーを目的とした「クールビズ」を実施いたします。当社内では「暑さをしのぎやすい軽装」にてご対応させていただきます。皆様に失礼とならない服装を努めてまいりますので、ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

    なお、当社にご来社いただく際は、お気軽に軽装でお越し下さい。

    実施期間:2020年5月1日(金) ~ 10月30日(金)まで

  • 2020年04月17日 「新型コロナウイルス感染症:緊急事態宣言」への対応について

    鹿児島県も緊急事態宣言の地域となり、弊社も宣言の発令に伴い、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための行動を取ります。
    宣言の期間中(~5/6まで)、設計部は原則、自宅での作業(在宅勤務:テレワーク)とします。
    お客様には、ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、当社はお客様と従業員の安全を最優先で考え、感染拡大防止に努めてまいりますので、ご理解賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

  • 2020年04月14日 「いちき串木野市防災センター」の建物竣工について

    弊社で設計を手掛けた「いちき串木野市防災センター」が完成しました。
    串木野庁舎東側に建設され、建物規模はRC造地下1階,地上2階建881㎡になります。
    新しい防災センターは1階にまちづくり防災課を配置し、気象情報等の災害情報を集約する他、的確な災害対応を進めるため、災害用備蓄品(アルファ米、飲料水、段ボール、簡易間仕切り等)を配備する倉庫を設置します。また、2階に災害対策本部室や防災無線室を設け、避難情報等の周知を図ります。

  • 2020年04月08日 「新型コロナウイルス感染症」への対応について

    4月7日、日本政府にて発出されました『緊急事態宣言』、関係知事からの外出自粛等の要請に基づき、当社では、今まで実施して参りました以下の取り組みをより一層強化した上で、事業を継続して参ります。
    お取引様や関係者様には、ご迷惑をお掛けすることのないよう万全の体制で対応致しますが、皆さまにおかれましては、何卒、ご理解を賜ります様お願い申し上げます。

    (当社での感染防止に向けた対応)
    ● 手洗い・うがいの徹底
    ● 公共交通機関を利用しての出張自粛
    ● 健康状態をチェックし、37.5℃以上の熱がある場合の出社禁止 など

  • 2020年04月03日 「いちき串木野市立学校給食センター」の建物竣工について

    弊社で設計を手掛けた「いちき串木野市立学校給食センター」が完成しました。
    建物規模はS造・平屋建、延床面積:約1,800㎡となり、配食数は2,400食を予定しております。
    一般見学者が調理場等を眺望できるように見学通路を設置し、調理場に面する側は、ガラス張りとしています。


  • 2020年03月30日 「鹿児島工業高校 実習棟」の建物竣工について

    弊社で設計を手掛けている「鹿児島工業高校の実習棟」が建物完成しました。
    Ⅰ類棟はRC造・3階建、延床面積:約3,800㎡になります。
    各教室が整備され、生徒が利用しやすい実習棟になるように心掛けました。

  • 2019年12月24日 「年末年始の休業のお知らせ」について

    平素は弊社をご愛顧いただきましてありがとうございます。
    2019年12月28日(土)から2019年1月5日(日)について、冬季休業とさせていただきます。

  • 2019年07月12日 「屋久島町口永良部島:金岳小学校・中学校」の建物竣工について

    屋久島町口永良部島の金岳小学校・中学校の建物が竣工しました。
    建物構造・規模は、木造一部2階建て、延床面積:692㎡になります。
    1階に小学校の教室、2階に中学校の教室を配置しました。
    竣工式には、島の人口の半数を超える方たちが集まり、新しい校舎を祝いました。

    2015年5月に島内にある新岳で爆発的噴火を起こし、噴煙高さ9,000m以上まで達して、島民が避難することになりました。現在も火口周辺は規制が掛かっています。新校舎は島の地域コミュニティー施設の中心として、島民と島外の方々との交流をする場として期待されています。


  • 2019年07月08日 「いちき串木野市防災センター」について

    いちき串木野市防災センターの設計業務が完了しました。
    建物規模はRC造、地下1階、地上2階建て、延床面積850㎡で、2020年春の竣工を目指して、着工します。

  • 2019年05月10日 「DOCOMOMO JAPAN」による「日本におけるモダン・ムーブメントの建築226選」について

    「DOCOMOMO JAPAN」による「日本におけるモダン・ムーブメントの建築226選」の選定の中で、当社の設計による垂水町役場庁舎(現・垂水市役所)が選定されました。
    DOCOMOMOとは、モダン・ムーブメント(近代運動)の推進に寄与した建築の歴史的、文化的重要性を訴え、その記録と現存建物の保存に関する活動を展開する国際的学術組織です。1989年にオランダで設立され、現在は本部をポルトガルのリスボンに置き、60を超える国・地域が加盟して活動しています。「DOCOMOMO JAPAN」はその日本支部で、2000年に発足しました。その重要な活動のひとつに「日本におけるモダン・ムーブメントの建築」の代表的作品を選定する作業があり、これまで計216件の建築をリストアップされました。今回、このリストに2018年度に選定された10件を新たに加え、その中で、当社設計の垂水町役場庁舎が選定されました。
    「DOCOMOMO JAPAN」では、下記の基準にもとづいて、「日本におけるモダン・ムーブメントの建築」の選定を行っています。
    a.装飾を用いるのではなく、線や面の構成による美学が適用されている。
    b.技術の成果がデザインに反映されている。
    c.社会改革的思想が見られる。
    d.環境形成(広場や建築郡の構成)という観点でデザインされている。
    以上のような高い文化的価値と歴史的意義について、評価いただきました。

  • 2019年03月28日 「長島町東消防分遣所」の建物竣工について

    「長島町東消防分遣所」が完成しました。
    新しい消防署は、鉄筋コンクリート造:3階建て、延床面積約1,376㎡になります。町民の安全・安心の確保に大きく寄与する施設であり、町としても災害に強いまちづくりを目指しています。


  • 2019年03月05日 「鹿児島相互信用金庫 野田支店」の建物竣工について

    2019年2月18日に、鹿児島相互信用金庫野田支店が新装オープンしました。
    地域の方々に、わかりやすく、利用しやすい憩いの場となるような空間を具現化しました。

  • 2019年01月25日 「県営住宅 松陽台第二団地第5期」の建物竣工について

    鹿児島広域都市圏の中で、「松元都市計画区域マスタープラン」に位置付けられているこの地区は、花と緑にあふれ、中央駅や市街地への交通の利便性が高く、住みやすいエリアになります。
    弊社が設計を手がけた第5期(14棟)では周辺環境との調和や景観へ配慮しながら、 地区内において住環境を整備することで、安心・安全を重視した子育て世代にやさしい住まいを提供します。