最新情報/ NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

  • 2018年11月09日 「いちき串木野市立学校給食センター」について

    弊社で設計を手掛けております「いちき串木野市立学校給食センター」の設計業務が完了しました。建物規模はS造・平屋建、延床面積:約1,800㎡となります。
    現在の給食センター施設の老朽化、狭隘化、新しい衛生管理基準への適合などの施設の再整備が必要になっています。

  • 2018年08月29日 「ZEBプランナー」の登録について

    ZEBとは、「先進的な建築設計によるエネルギー負荷の抑制やパッシブ技術の採用による自然エネルギーの積極的な活用、高効率な設備システムの導入等により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギー化を実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、エネルギー自立度を極力高め、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した建築物」とする。
    特にZEBの設計段階では、断熱、日射遮蔽、自然換気、昼光利用といった建築計画的な手法を最大限に活用しつつ、寿命が長く改修が困難な建築外皮の省エネルギー性能を高めた上で、建築設備での高度化を重ね合わせるといった、ヒエラルキーアプローチの設計概念が重要である。
    以上、2015年12月に公表された「ZEBロードマップ検討委員会 とりまとめ」(経済産業省 資源エネルギー庁)により、ZEBについての定義になります。

    当社は、建築主等の依頼に基づき、設計(建築設計、設備設計等)、設計施工、コンサルティング等(省エネプランニングに係る、省エネ事業に係る知見を有するファイナンス等)などZEBプランニングに係る業務を受注できるように手続きを行います。

  • 2018年08月06日 「夏季休暇」のお知らせについて

    平素は弊社をご愛顧いただきましてありがとうございます。
    8月11日~15日について、夏季休業とさせていただきます。

  • 2018年05月25日 「環境放射線監視センター」の建物竣工について

    「環境放射線監視センター」が完成しました。
    本施設は薩摩川内市で、延床面積:2,000㎡、構造・規模:RC造、階数:地上3階建てになります。
    本施設の役割は、川内原子力発電所周辺に県と九州電力株式会社が設置している測定局などのデータを監視し、鹿児島県庁や鹿児島県原子力防災センター、関係市、オフィシャルなインターネットにリアルタイムに情報を提供することです。

  • 2018年05月11日 「長島町東消防分遣所」について

    「長島町東消防分遣所」の設計業務が完了しました。新しい消防署は、鉄筋コンクリート造:3階建て、延床面積約1,300㎡になります。
    町民の安全・安心の確保に大きく寄与する施設であり、町としても災害に強いまちづくりを目指しています。新しい建物が完成するのは、2019年の2月ごろとなります。

  • 2018年05月02日 「カトリック国分幼稚園」の建物竣工について

    「カトリック国分幼稚園」が完成しました。
    幼稚園は鉄筋コンクリート造・2階建て、延床面積:約550㎡となります。
    敷地に隣接する教会と調和するやさしい色合いの外観としました。園児の安全に配慮し、室内ごとに壁の色合い等の変化を持たせることで、子供たちにとって、空間構成そのものが安全で楽しい遊び場となるように計画しました。


  • 2018年04月10日 「霧島市立国分中央高校屋内運動場」の建物竣工について

    「霧島市立国分中央高校屋内運動場(精華アリーナ)」が完成しました。
    建物の老朽化、及びスポーツ健康科が新設されたことにより、建設されました。
    屋内運動場は鉄筋コンクリート造・3階建て、延床面積:約4,800㎡になり、主に1階は武道場、職員室、トレーニング室、体育実習室、2階はアリーナ、ステージ、3階はギャラリー、放送室になります。
    トレーニングルームはトレーニングマシーンを利用するため、床の防音・保護に考慮し、床材は合成ゴムスポーツマット張りとし、武道場は可動間仕切りを設置し、多目的に利用できます。また、舞台照明は最新の演出照明システムを導入しております。
    外観は既存建物のデザイン、色彩を取り入れ、アースカラーを採用して既存施設と調和をするように計画しました。武道場、アリーナの外壁は採光確保のため、大きい窓を配置したほか、2階の通路にタテ格子を配置し、躍動感・リズム感を演出しました。


  • 2018年04月09日 「県立喜界高校 校舎」の建物竣工について

    「県立喜界高校 校舎」が完成しました。
    島内唯一の高校である喜界高校は、全3つの中学校と連携型と称して、6年間の指導計画に基づき、総合的な学習の取り組み、相互受け入れ授業・交流授業、合同行事などを実践しています。
    新しい校舎は鉄筋コンクリート造3階建、延床面積約3,900㎡になります。
    1階に校長室、事務室、保健室などの管理室及び大島養護学校高等部支援教室、2階に普通教室、理科・生物、サーバー室などの特別教室、3階に音楽室、図書室、生徒会室などが設けてあります。新校舎ができたことで、より質の高い授業ができ、充実した学生生活を楽しむことができると思います。


  • 2018年04月06日 「県営住宅 松陽台5期」について

    「県営住宅松陽台5期」の実施設計業務が完了しました。
    松陽台は鹿児島広域都市圏の中で、「松元都市計画区域マスタープラン」に位置付けられているこの地区は、花と緑にあふれ、中央駅や市街地への交通の利便性が高く、住みやすいエリアになります。
    第2期に続いて、第5期(14棟)では周辺環境との調和や景観へ配慮しながら、地区内において住環境を整備することで、安心・安全を重視した子育て世代にやさしい住まいを提供します。平面プランは2DK,3DKで、子供の成長に合わせて間取りの変更ができるように工夫してあります。

  • 2018年04月05日 「セイカ食品株式会社 日置工場」の建物竣工について

    「セイカ食品株式会社 日置工場」が完成しました。
    日置工場は鉄筋コンクリート造・2階建て、延床面積:約13,000㎡となります。
    新工場では看板商品である「南国しろくま」を含むアイスクリームの生産能力は、1日あたり約55万個で、今までより約2.8倍になります。
    また、工場内は食品安全の国際規格「FSSC22000」の認証取得を目標に、4月以降は工場内の見学も可能となります。
    お客様に安心・安全の食品をお届けするため、衛生面・防犯面等を考慮した工場とします。


  • 2017年12月25日 「年末年始の休業のお知らせ」について

    平素は弊社をご愛顧いただきましてありがとうございます。
    2017年12月29日(金)から2018年1月3日(水)について、冬季休業とさせていただきます。

  • 2017年10月17日 「職場におけるメンタルヘルス対策」について

    先日、鹿児島産業保険総合支援センターから先生をお招きして、「職場におけるメンタルヘルス対策・セルフケア」の講習会を行いました。
    普段、仕事・職業生活に関する強い、不安、悩み、ストレスなどを抱える場合もありますが、健康に働き続けるためには、「ストレスとうまく付き合う方法」を身につけて積極的に実践する必要があります。
    各自でストレスの解消方法を見つけ解消するとともに、会社としても、より相談できる快適な職場環境づくりが大切になります。

  • 2017年06月01日 「鹿児島工業高校 実習棟」について

    弊社で設計を手掛けております「鹿児島工業高校の実習棟」の完成予想図になります。
    Ⅰ類棟はRC造・3階建、延床面積:約3,800㎡、Ⅱ類棟はRC造・4階建、延床面積:約3,600㎡となります。
    各教室が整備され、生徒が利用しやすい実習棟になるように心掛けます。

  • 2017年05月29日 「鹿児島純心女子短期大学 1号館」の建物竣工について

    「鹿児島純心女子短期大学1号館」が完成しました。新しい校舎は鉄筋コンクリート造:4階建、延床面積約2,500㎡になります。教室は給食調理実習室、調理実習室、食品加工実習室、理科実験室等が設けてあります。新校舎ができたことで、より質の高い授業ができ、充実した学生生活を楽しむことができると思います。

  • 2017年05月01日 「与論町新ごみ焼却処理施設」の建物竣工について

    与論町の新しいごみ焼却処理施設「与論クリーンセンター美(ルビ=ちゅ)ら島」で、設計会社㈱アクトリーの設計協力をさせていただきました。
    既存施設の老朽化に伴い建替えを行い、新施設は約1,400㎡程度とし、全国離島域では最先端のプラントになります。
    内部機能はごみをクレーンで自動投入し、階段式に落としながら焼却するストーカー式焼却炉とします。
    台風が多い地域なので、災害ごみの発生を考慮した能力も持たせた施設としました。